Taku Art title



ごあいさつ

卓ア−トの漆塗家具は、江戸末期から昭和の始め頃まで使われていた箪笥、その他の道具類を素材とし、それらを現代の生活空間に調和するようアレンジを加え、本格的な漆仕立てに復元したものです。

時代物の家具や道具類には、長い間日本人が慣れ親しんできた形や素材、そして、それらを製作した職人たちの細やかな心遣いが今も息づいています。
われわれ日本人にとって、それらはただ単に懐かしいというだけのものではなく、日本の風土と文化の中で伝統的に培われてきた美意識と、生活の必要から生まれた知恵が渾然一体となった、ひとつの完成された「かたち」であると考えます。だからこそ、外国人や現代の日本人には新鮮に感じられる一方で、確かな手ごたえと独特の味わい深さを醸し出すのではないでしょうか。

卓ア−トは、そうした「日本の用と美」に注目し、時代を経たものだけが持つ独特の雰囲気を生かし、生活の中で実際に使用しながらそれらを楽しんでいただくことを前提に、古い日本の家具や道具類を修復し、甦らせるという仕事から出発いたしました。現在では、新材を用いた時代箪笥風オリジナル家具の製作や、お客様がお持ちの和箪笥を卓ア−ト流の方法で甦らせるといった仕事もしておりますが、伝統の「かたち」を生かし、現代の技と心を加え、漆の持つ暖かな色と質感で仕上げるというスタイルは、より洗練されたものになっております。

それらは、器や衣類の収納といった従来の用途でお使いいただけるのはもちろんのこと、現代の生活空間を彩るインテリアのひとつとして、お客様のさらなる自由な発想でお使いいただくことによって、日本のかたちに、また新たな可能性を見いだしていただけるのではないかと楽しみにしております。

卓アート 脊口 卓 (せぐち たく)



〒606-0815 京都市左京区下鴨膳部町103-1 TEL/FAX 075-701-0909
Taku Art title
当サイト内の写真・データの無断転載・無断複製はお断りします Copyright © 2005-2011 Taku Art all rights reserved.

Page top   Taku Art Web top